夜にお米を食べない生活
を始めてもう一週間以上になる。

少し前の記事でも触れているが、プチ糖質制限を試しているのだ。

IMG_5447
身長は174cmだけど、設定はおかしいかも

結果、ひどいときは72kgにまでなってた体重がみるみるうちに下がっていった。10日も経ってないのに。

今日は朝昼抜いたから極端な結果が出てるだけかもしれないけど、体重計の調子が悪くて計るたびに±2キロくらいブレるけど、
ヤッターーーーーーーーーーー!!!

IMG_5449

さて、具体的な食事の話に移ろう。いまは基本的にはこんな感じ↓の食生活を送っている。

朝:プロテイン 1杯
昼:白ごはんと梅干し
夜:糸こんにゃく300g、豆腐ミニパック2つ、野菜、肉
その他:間食はガム以外禁止。酒はウイスキーのみ可。

まともに朝と昼をとるになったのはここ半年くらいの話なので、これでも健康的になったほうだ。

プロテインはウマテインというものを飲んでいる。ウマいからウマテインで、まじでウマい。



テイストによっては普通のジュースより美味しかったりする。本当は3杯、4杯飲みたいところである。

夜ご飯はコメの代わりに糸こんにゃく豆腐を食べているのだけど、これが不思議と苦にならないのだ。こんにゃくを湯通ししたものに冷やし中華のつゆをかけるとけっこう美味しい。

IMG_5451
見た目がわるくてごーめーん

今まで取り憑かれたように米をバカ食いしてたのは何だったんだろうかと思う。

FullSizeRender
これはやり過ぎだな(栄養の観点から)

いくら美味しくても、こんにゃくだけでお腹いっぱいにするのは空しいので、ほかに副菜をいっぱい用意したくなる。これはとんでもないメリットだと思う。

というのも、米はそれだけでお腹いっぱいにしても満足できるほどうまいものだから、品数を増やす気にならないのだ。味の濃い肉料理と米さえあればハッピーだもの。

IMG_5368
うまかったよ…けどさ…

ここで白状するが、丑の日のうなぎを貰ったので昨晩は米を食べてしまった。

夜に食う米はやっぱりうまい。ロクに咀嚼もせずに流し込むように丼2杯食べた。

日常で米食ってる時より幸福な瞬間はそうそうない。脳に響く感じがあって幸せになれる。

そして訪れる強烈な眠気。それに身を委ねるときの浮遊感。目覚めたときの罪悪感。

…それが危険だってんだよ!!!!!

確かにうな丼は美味しかったけど、米を食べたときの気分の波の高低を改めて実感してしまった。

米はジェットコースターだ
。生半可な覚悟で触れていいもんじゃない。

体重のほかにも夜の米をやめたことによるメリットがある。

スクリーンショット 2023-07-31 224515
黒くなっているところがブログの更新日

夕食にドカ食いして気絶するように2時間くらい居眠りするのが日課だったのだけど、こんにゃくだと眠くならないので、今まで寝ていた時間を有効活用できるようになったのだ。

1日に2時間として一週間で14時間も自由に使える時間が増えたことになる。

可処分時間が増えたおかげで今まで放置気味だったブログを精力的に更新できるようになった。僕にとってかなり革命的なことだ。

そして、米→こんにゃく置き換えダイエットによるデメリットは体感的にはまったくない。ストレスすらない。昼にはちゃんと米を食べていることが功を奏しているのかもしれない。

IMG_5452
急になんだ?

こんにゃく中心の食事で満足感を得るコツは、ひたすらゆっくり食べることである。

ヒトは食事を始めてから大体15分くらいで満腹中枢がはたらき始めるのだという。つまり15分以内に食べ終わってしまうのは論外、できるだけよく噛んで時間を稼ぐことが大事だ。

こんにゃくはゆっくり食べても麺のように伸びない。暖かくてもぬるくてもそう味は変わらない。少なくともスーパーのこんにゃくは。時間無制限でどこまでも遅延できる

だから食事マナー的には最悪だけど、めちゃくちゃスマホ触りながら、時には箸を置いて食事に中休みを設けてダラダラ長時間食べるようにしている。食事を中断して調理器具を洗いに行ったりもする。

そんなこんなしてたら1時間以上経っているということもザラだ。量は少なくてもお腹はいっぱいになる。



これで運動まで始めちゃったら俺はいったいどうなってしまうのだろう。

覚悟の準備をしておいて下さい。